アトピー性皮膚炎の原因はピロリ菌?

アトピー性皮膚炎の原因はピロリ菌?

ピロリ菌は感染すると、胃粘膜に住みついてしまう細菌です。
ウレアーゼという酵素を作りますが、その酵素が胃粘膜に含まれる尿素とアンモニアの二酸化炭素を分解して、アンモニアで周囲をガードする働きがあるのです。
そのため、胃壁が傷ついたり胃粘膜が減少したりします。
その結果、胃潰瘍や十二指腸潰瘍や胃がんなどの胃の病気を発症しやすくなるのです。
しかし、それだけではなく、ピロリ菌は、アトピー性皮膚炎を発症する原因なのではないかと考えられているのです。
アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気ですが、ピロリ菌が、アトピー性皮膚炎を発症する原因のひとつではないかと考えられているのは、この菌が作り出すウレアーゼという酵素が、アトピー性皮膚炎を引き起こしているのではないかと考えられているためです。
不安な人は、一度ピロリ菌の検査を受けてみるのもいいかもしれません。

アロマでピロリ菌の殺菌を

腸内にピロリ菌が増えるとお腹の調子がいつも不安定になります。
日常的にお腹が痛くなったり不快感があるというような状態になりますが、便通は悪くなるのでスッキリ出来ません。
健康において問題があるのは確かですが、美容においても問題です。
便通が悪くなるという事は排出が上手くいかないという事ですから、老廃物が体内に溜まって太る原因にもなってしまうでしょう。
ピロリ菌は腸内フローラの中の悪玉菌の一種ですから、腸内環境を整える事によって発生の予防が出来ます。
悪玉菌を除去するためには善玉菌を増やせばよいわけですから、ヨーグルトなど善玉菌となるものを摂取して解消していきましょう。
食べ物に限らず精神面での安定化も悪玉菌を抑えるポイントになります。
アロマでリラックスして脳を穏やかにすれば腸にも良い影響を与えます。
さらにアロマの中には殺菌作用に直結しているものもありますからそれぞれの効能を知って活用すると良いでしょう。