胃を攻撃するピロリ菌

胃を攻撃するピロリ菌

胃には、塩酸があるので細菌は存在できないというのが通説でした。しかし、オーストラリアのマーシャルという医師がピロリ菌を呑み込んで自らピロリ菌が胃炎を起こすことを証明しました。
ピロリ菌がどのようにして細胞等への障害を及ぼすのか詳しくわかってはいませんが粘液が減ること、粘液が減ることで胃壁に障害がおこることがわかっています。
ピロリ菌は、病気を発症しやすいので除菌すると病気になるリスクを減らすこと言われています。
衛生状態の悪い地域での感染率は高く、先進国では少ないことがわかっていて経口感染しやすいものだということがわかっています。衛生状態の悪い地域では、年代に関係なく感染率は高くなっていますが日本では、20代の感染率は低く年齢が高くなるごとに感染率が高くなって50代以上では、70~80%が菌を保持しているとみられています。
しかし、感染者の中でも胃・十二指腸の病気を発症するのは菌の保持者の5%前後です。少ないなら大丈夫と思われがちですが、感染している方はガンが多く病気になりやすいことは、はっきりしています。
治療薬での除菌ができますし、病気がわかってからの除菌は保険も適用されますので、わかった時には積極的に除菌をすることをお勧めします。

ピロリ菌が人体に与える影響とは

近頃よく聞かれるようになったピロリ菌ですが、なんとなく「おなかの中にいる」というくらいの認識しかない人は多いのではないでしょうか。日本人の50%近くが感染していると言われているピロリ菌、放っておくと人体に悪影響を及ぼす菌なのです。
その影響とは「胃の中を傷つける」ことです。これだけ聞くと大したことないのではと思われるでしょうが、実はとても怖いことなのです。
ピロリ菌によって胃の粘液が減ってしまい、胃壁が傷つくと、様々な症状を引き起こします。軽いものでは胃もたれや吐き気、胃痛や食欲不振があります。胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍を誘発してしまう場合もあります。
また、胃がんになる確率が何倍にも跳ね上がってしまうのです。意外と身近で怖いこの菌ですが、幸いなのは治療で除菌してしまえることです。
除菌療法の対象になる病気(胃炎や潰瘍など)に罹っているかを検査し、投薬による治療を行うことが出来るのです。
胃に何か症状を感じた時には、ひどくなる前に病院へ行き、適切な治療を行ってください。"