胃のもたれや吐き気はピロリ菌が原因かも?

胃のもたれや吐き気はピロリ菌が原因かも?

胃のもたれや吐き気、空腹時や食後の腹痛などの原因は、食べ過ぎや飲み過ぎなどで胃に負担をかけ過ぎてしまったり、心配事で胃酸が多く出たりなどを考える人が多いことでしょう。
しかし、食べ過ぎたり飲みすぎたりした覚えがなく、特に心配事やストレスも感じない場合に、胃のもたれや吐き気、腹痛などが頻発したり、続くようだと心配になります。
このような症状が続く場合は、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の可能性があります。
そして、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんの多くが、ピロリ菌に感染しています。
つまり、様々な胃の病気にピロリ菌の存在があると考えられるのです。
ピロリ菌に感染すると、ピロリ菌から胃を守るための生体防御反応により胃の粘膜に炎症が起こります。
そのまま放置していると、やがて胃がんのような恐ろしい病気に発展してしまう可能性もあるので、何か胃がおかしいと感じたら、医療機関を受診することをおすすめします。

空腹時の痛みはピロリ菌がいるから?

空腹時のお腹が痛むことが多い場合、ピロリ菌に感染しているのが原因の可能性があります。
ピロリ菌に感染していると、そのピロリ菌は特殊な酵素を作り出します。
この特殊酵素が胃の中の尿素と反応してアンモニアなどを発生させます。
これが胃の粘膜が傷つけて痛みの原因となります。
また、それだけでなくピロリ菌から胃を守るための免疫反応により、胃の粘膜に炎症が起こります。
これも腹痛の原因です。
空腹時は胃を守るものがないので、腹痛となって症状が現れるのです。
このような症状が長く続くと、様々な病気を引き起こす可能性があるので、我慢しないで、早く治療することが大切です。
治療方法は服薬による除菌療法となりますが、良い薬があるので根治も可能です。
時間はかかるかもしれませんが、腹痛に耐え、不安を抱えたまま生活するよりはずっと良いでしょう。
受診機関は胃腸科や最近は専門の外来もあるので、お近くにないか調べてみると良いでしょう。