ピロリ菌が原因で胃痛になることも

ピロリ菌が原因で胃痛になることも

ピロリ菌は食べ物や飲み水などから感染する経口感染がほとんどです。
その保菌者の多くは幼少時に感染すると言われています。
日本では衛生環境が充分で無かった頃に生まれた方の感染率が高く、50歳以上の人の約80%の人がピロリ菌を保菌していると言われます。
現在は生活環境が改善されて、衛生環境も整ってきているので、ピロリ菌保菌者は減少してきています。
ピロリ菌が体の中にいるだけで、症状がなにかでるというのではありません。
胃痛などの症状がでるのはその菌が原因でなんらかの病気になった時です。
そうなるのも保菌者の3割程度で、あとの7割の人は感染した状態であっても、何も症状がでない健康保菌者、無症候キャリアと言われています。
その菌に関連した症状で胃潰瘍になれば胃がしくしくと痛む、胃痛、胃炎が起これば胃がもたれる感じがするなどです。
また、自覚症状がない菌ですが、いろいろな病気の発生や進行に関係しています。
胃がんなどもその菌の除菌することで発生率が1/3に抑えられ、除菌は胃がん予防効果があることが証明されています。

腸炎とピロリ菌との関係

人間の腸にはさまざまな細菌が寄生しています。
ピロリ菌も腸内に寄生している細菌の一つで、健康な人の腸にも寄生しており、ピロリ菌が原因で胃腸炎になる場合があります。
免疫力が低下すると菌の活動が活発になりますので、風邪をひいた時などに、下痢や嘔吐などの症状が現れる人もいます。
胃がんの原因になる場合もありますので、除菌をすることが必要になります。
ピロリ菌は抗生物質で死滅させることができますので、菌の影響によって胃腸炎になった場合には、抗生物質の投与で治療が行われます。
抗生物質の投与でほとんどの場合で菌は死滅しますので、胃腸炎の症状は治まります。
しかし、免疫力が極端に低下している場合には、完治するまでに時間がかかります。
除菌にはヨーグルトの摂取が効果的で、日頃からヨーグルトを食べていると菌を除菌することができます。
抗生物質による除菌をしている時も、ヨーグルトの摂取は可能です。
ヨーグルトの中には、ピロリ菌の除菌に特に優れた商品もあります。