ピロリ菌の除去薬は副作用が起こりやすいってホント?

ピロリ菌の除去薬は副作用が起こりやすいってホント?

ピロリ菌は胃がんの原因にもなるため、健康診断などで感染が発覚した場合は、早めに除去薬を用いて除去することが重要となってきます。
しかし、ピロリ菌の除去薬を服用する上で気になるのが副作用の有無でしょう。
ピロリ菌除去治療をはじめて起こりえる副作用としてまず挙げられるのが、下痢や軟便といった消化器症状です。
実は除去薬には細菌治療に欠かせない抗生物質が用いられており、さらにその効果を高めるために胃酸の分泌を抑える薬を服用することになるため、お腹の調子を整えている腸内細菌まで一緒に除菌されてしまうことがあるのです。
そのため、一時的にお腹の不調が出やすいとされています。
多くの人が経験する副作用ですので、多少の不調であれば問題はないのですが、こうした症状に加えて発熱が起こったり、下痢に粘液や血液が混ざっているなどの症状が起こった場合は、すぐに薬の服用をやめて、処方を受けた病院へ連絡をするようにしましょう。

乳酸菌はピロリ菌除去にも役立つらしい!

ピロリ菌は胃の中に生息している細菌で、胃酸の中でも粘膜を自ら作り出し、生き抜いてしまいます。
この菌は胃や十二指腸の病気の原因になることで知られていますが、除去することが難しく、抗生物質を大量に飲む必要があります。
抗生物質は副作用が強く、腸内の細菌なども除去してしまうので、体全体の健康状態を考慮するならば、あまり望ましい方法ではありません。
しかし、ピロリ菌は消化器官だけではなく、全身に影響を与えるため、効果的な方法で除去することが推奨されます。
乳酸菌はピロリ菌の除去に効果があることが、最近分かってきています。
乳酸菌は、他にも腸内の環境を整える働きもあります。
乳酸菌でピロリ菌の除去を試みる場合は、毎日ヨーグルトなどの製品を、食べ続けることが必要です。
また、除去すると言っても、数を劇的に減らすことはできますが、全ての菌をなくすことは、今のところ困難です。
食べ続けなければ、菌の数は戻ってしまいますので、注意が必要です。